スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸川の畔

_MG_0183.jpg


葛飾区柴又、今も下町情緒と町人文化が残る人情深い町。


_MG_70605.jpg


柴又帝釈天


_MG_0168.jpg



_MG_0339.jpg


映画を通じて心の中にしっかりと刻まれている町でもありますが
どこか懐かしく、じんわり心に染み入る癒しの場所です。



+++ これからも応援、よろしくお願いいたします +++

ブログ村/写真ブログランキングへ

▽ランキングに参加中。クリック頂ければ幸いです▽

Comment

夏雪草 | URL | 2013.11.30 08:28
おはようございます。

懐かしいです。
以前に何度か行ったことがあるのですが、
とても落ち着くところですね。

寅さんも懐かしい。
毎年お正月というと、寅さんでした(笑)

あぁ、昭和がだんだん遠くなってる~。
ponsun | URL | 2013.11.30 07:40
葛飾区柴又

久しく訪ねておりませんが、
お写真を見る限り、昔ながらの佇まい
ですね


ありがとうございます
マングース | URL | 2013.11.30 02:05 | Edit
葛飾柴又、いい町ですね!
これくらいの人の多さならいいですけど
休日ともなるとすごい人出と違いますか?
遠いですけど一度行ってみたいです^^
まぁ | URL | 2013.11.29 22:50 | Edit
その映画って掛布さんの?
間違えました、ミスタータイガース・・・
間違えました、虎さん・・・寅さんの?
自慢じゃないけど、全数十数作、ひとつも見たことありません・・・
karusan | URL | 2013.11.29 22:31
帝釈天ですか、とらさんが居なくなっても人気がありますね。
saran1ify | URL | 2013.11.29 22:21 | Edit
今晩は ユトリロさん。

「柴又帝釈天」お堂の腕木の組み合わせに日本の木の文化を感じ、
構造物と銀杏の木気でしょうか相互に生えていますね。

凄い人々が歴史に刻まれていますネ。
とても迫力のある1枚です(すごくよく取れています)
arumama | URL | 2013.11.29 22:00
葛飾柴又って 寅さんだ♪ 
帝釈天って よく見ると手の込んだ造りなんですね。日本の建築って素晴らしい。
Round Walk | URL | 2013.11.29 21:41 | Edit
ユトリロさん、こんばんは。
柴又帝釈天!
先週の日曜日に行こうとしてたんですけど、
六義園で満喫しすぎて行けなかったんですよ(笑)
ユトリロさんとは行くところが似てるので、
もしかしたらどこかですれ違ってるかもしれませんね^^

今週末は天気もばっちり見たいなので、
よい週末を~。
@ゆづるぢ | URL | 2013.11.29 19:44
下町感たっぷり。
bt9 | URL | 2013.11.29 09:53
こういう風景を見るとほっとするのは、なぜなんでしょうね。
帝釈天の銀杏がきれいです。
帝釈天の裏手には、矢切の渡しがありますね。
昨日の写真はそのあたりでしょうか。
7 | URL | 2013.11.29 09:16 | Edit
映画を見ているような写真ですねー
いいなぁ 東京 新しいところも古いところも どれも楽しめる。
おデビン | URL | 2013.11.29 08:16
 きゃ~!寅さんがでてきそ~!

 フウテンまでは行かないけど、あの家族との関係は似てますわぁ。恋はそないしてないけど。

 さぁ!週末です。

 
kiitan | URL | 2013.11.29 07:41
良い風情ですね。(*^_^*)
ぽっから | URL | 2013.11.29 07:35
なんとなく菊の似合う街ですよね^^
柴又って東京で営業やってたときも言った記憶がないんですよね・・・

今日は凄い冷えました・・・お互いに体調気をつけましょう!
萩さん | URL | 2013.11.29 07:19
いつも、応援ありがとうございます。
寒さも一段と厳しくなって来ましたね(><)
本当は、冬眠したいところですが
気合で一日乗り切りたいと思います。

わぁ~「寅さん」ですね。
下町には、猫が似合うな。。。

では、素敵な日をお過ごしください。
Comment Form
公開設定

C O U N T
QLOOKアクセス解析
P O S T
B O O K M A R K
このブログをリンクに追加する
T O O L S
このサイトを登録 by BlogPeople
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。