スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑の中で

_MG_3182.jpg


生き物たちとの出会いは、いつも偶然なんだけど

この度の偶然には、おったまげた〜!と、ごさくどんです。

(おったまげたとごさくどん、ていう絵本がありまして・・・余談でした)


背景にある睡蓮の池を眺めていたのですが・・・

そのまま目線を手前にしたら・・・?



_MG_3188.jpg

小っちゃなバッタさんがお食事中でした。
吃驚したよー。

(望遠レンズではありません。望遠・・・持ってないんです。大泣き)


いつもたくさんの応援とあたたかいコメントをいただきまして
大変感謝しております。ありがとうございます。


ブログ村/写真ブログランキングへ

▽ランキングに参加中。クリック頂ければ幸いです▽


返信は直接皆さまのブログへ伺い書かせていただくことが多くなっております。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

Comment

ユトリロ | URL | 2013.07.03 22:26
みささんへ

はじめまして。みささん
コメントありがとうございます。

バッタさんは、余程、お原が空いていたんでしょーかねー
葉っぱの先端近くで食事だなんて
怖いもの知らずですよね。



> はじめまして こんにちは
>
> 素敵な真を撮られますね。
> こんなにはっきりバッタさんの姿が写せるなんてすごいです。
> 逃げずに食べていたということは
> よほどおなかがすいていたのでしょうか?
> 「たくさんお食べなさい」と言ってあげたくなりますね。
おでびん | URL | 2013.07.03 21:40
バッタ!

バッタと言えばバッタもん!って連想してしまうのはどう言う思考の持ち方なんでしょ?

相変わらずのやわらかい色と仕上がりに感心頻りです。

まぁ | URL | 2013.07.03 21:07 | Edit
真っ先に浮かんだのが「季節の中で」でした。
何でかなぁ^^
学生の頃は望遠命でした。
またカメラ始めようかと思い始めています。
karusan | URL | 2013.07.03 21:05
帰ってきました
えぞばふんうに | URL | 2013.07.03 19:41 | Edit
何気ない草原にもドラマあり。まずはフィールドに出て撮影することが大事ということなんですね。
ぽっから | URL | 2013.07.03 17:47 | Edit
こんにちは^^
よっぽどお腹減ってたんですねぇ~
それともよっぽど美味しかったのか・・・そこんとこ聞きたいですよねぇ?(笑)
saran1ify | URL | 2013.07.03 17:46 | Edit
ユトリロさん  今日は。

偶然の出会いは素晴らしいですね。

気がつかないような小さなバッタ、

カメラに写った小さな命、偶然は楽しいでしょうね。

緑が柔らかい素敵です。
みさ | URL | 2013.07.03 16:42 | Edit
はじめまして こんにちは

素敵な写真を撮られますね。
こんなにはっきりバッタさんの姿が写せるなんてすごいです。
逃げずに食べていたということは
よほどおなかがすいていたのでしょうか?
「たくさんお食べなさい」と言ってあげたくなりますね。
柴犬ケイ | URL | 2013.07.03 14:31 | Edit
ユトリロさん   こんにちは♪

いつもありがとうございます♪
バッタの赤ちゃんは可愛いですがお花を
食べたり野菜をかじったりしますが花壇とか
菜園の中をピョンピョンと撥ねていましたが
今は見かけません。
秋には立派な体になったバッタを見かけます。
コスモ | URL | 2013.07.03 12:04
こんにちは・・・
私もついこの前、この時期のバッタをみました・・・
・・・たしか体長1cmもない。。
しかも、ジャンプ力ハンパない。。
すぐににげちゃう。。

なので、よくこんな撮影ができるもんだと、
おったまげております^^
abms4144 | URL | 2013.07.03 09:22
このような小さな生き物の姿を見ていると
可愛く、小さな命でも~心痛ましく感じることがありますね。
過日、山路からの帰途、車両の前面ガラスにしがみ付くようにしているバッタ、
停止時に家内が草叢に放して遣りました。
マングース | URL | 2013.07.03 08:11 | Edit
おはようございます。
小さなバッタの赤ちゃん、よく見つけましたね♪
保護色となって草と一体化したますけど^^
この草は美味しいんですかね~。
できたらキャベツやレタスにかぶりつきたいです(^o^)
kiraran | URL | 2013.07.03 07:21
ここまで近寄られるには、息を詰めて集中された様子がうかがい知れます。いつもながら魅せられる写真で、一枚ずつをじっくり拝見。
タイトルロゴは白抜きがこだわりかと勝手に思っていましたが、そうじゃないときもあるのですね。
Comment Form
公開設定

C O U N T
QLOOKアクセス解析
P O S T
B O O K M A R K
このブログをリンクに追加する
T O O L S
このサイトを登録 by BlogPeople
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。